森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=64938

↑上のリンク先に記事があるように
ただ今、鹿児島市の黎明館
第43回鹿児島陶芸展
開催中です。

工房主・森一規の作品も招待作家として展示されています。

あれ?工房主は何を出品したんだろう?聞いてなかった

残り4日ですね。
私は見に行けるのかしら?

日曜日つまり選挙の日までですね。

お時間ある方は見に行ってください。
入場料は一般600円、高校生以下無料。

選挙といえば、その日は実家に滞在中のため、
私と娘の二人で、昨日の内に期日前投票へ行ってきました。

大事な選挙、一票を無駄にしてはいけませんから

水仙が満開の時の写真。(二週間?いやもっと前だったかな?)

水仙満開時




森窯HP
http://toukaze.web.fc2.com/
森窯の地図ページ
http://toukaze.web.fc2.com/tizu.htm
森窯の動画集<youtube>
http://www.youtube.com/user/kazetuma
森窯のblog<このブログURL>
http://toukaze.blog88.fc2.com/



 森窯定休日が不定期のため、工房へお越しの際は、
 事前にお電話下さい。電話・099-294-4338






スポンサーサイト
さきほど、
詩季工房
http://shikikobo.exblog.jp/

さんのブログにお邪魔してきました。

すると、
今日から
薩摩焼フェスタが始まっている!
そうです。

県民交流センターで!
お時間ある方は遊びに行かれてはどうですか?
楽しそうですよ。HP

我が森窯は参加しておりませんが、
県内の数十の窯元さんが出品し、展示即売していますから
それは見応えあることでしょう!

私も母の介護の手が空いたなら、見に行きたいなあ!行けるかなあ?

そして
第一回 鹿児島陶芸家協会 新作展(12/9 (日)まで開催中)
の会場・黎明館
もフェスタ会場(県民交流センター)と近い場所なので
どちらも見に行こうと思えば行けそうだ!

開催中お天気に恵まれますように!



森窯HP
http://toukaze.web.fc2.com/
森窯の地図ページ
http://toukaze.web.fc2.com/tizu.htm
森窯の動画集<youtube>
http://www.youtube.com/user/kazetuma
森窯のblog<このブログURL>
http://toukaze.blog88.fc2.com/



 森窯定休日が不定期のため、工房へお越しの際は、
 事前にお電話下さい。電話・099-294-3202





 今日のお天気は、雨。
 それほど強い雨ではありませんが、降ったりやんだりの状態です。

 ジメジメとした、蒸し暑い感じ。

さて
前回の日記は空港のコイン式パソコンで書いたので
中途半端になっておりました。

その続き(といっても大したことは書けませんが)を書いてみます。

女流美術展
特に惹かれた絵画が5点ありました。
 (全く個人的な嗜好及び選択ですのでお許し下さいね)
 ・日本画 「湯地場の店」「砂あそび」
 ・洋画  「風びより」「ジャックと豆の木」「サァー出発」

日本画の方が好きと言いながら、洋画の方が多かった。これいかに?



最終日の日曜日に見た
第78回「東光展」(油彩・水彩・版画)

これも何年ぶりかで、見学してきました。

私の父も生前、
この展示会に出品し全国巡回していたことを母から聞きました。
当時、中学の数学教師だった父ですが、
昔から油絵が好きだったらしく
在職中のある時期から、
盛んに油絵を描き始めて、この東光展やその他の公募展に応募していたようです。

鹿児島市立美術館でありましたが、
どの作品も大きい!!ほとんどが100号以上の物ばかり!

先の女流美展は、サイズ制限が有りの展示会だったと思うので
ことさら
この東光展の作品の大きさに圧倒されました。
茨城県の方が多かったような?そして力作も同県の方のが多かったような?

一作品に「あれっ?」と見入ってしまったのがありまして
その理由が
「我が森窯の庭にそっくり!」だったのであります。

丸太がたくさん横たわり、切り株が見えているところや
その奥に林が見えている所などそっくりでした。

帰りにそのポストカード版があれば買ってこようと思いましたが
あいにくその方の物は製作していないようでした。
(作家の希望によりポストカードを作るみたいですね)



こうやって
たまには市立美術館にも寄った方がいいな。と思いました。
というのも
館内に資料室のような所もあり、全国の美術館関係の
展示会情報や資料が閲覧できますし、
その中から、気になる展示会のチラシも
もらってくることが出来ました。

その後、地下に行くと、
あるグループの方々の、水墨画展をやっていました。

水墨画っていいですよね!?
いつか自分も描いてみたい!って思っちゃいました。



ちらし情報ですが
市立美術館の裏手にある
メルヘン館で、7/20~9/2まで
「かがくいひろし絵本原画展」があるそうです。
入場無料だそうです。

最近、絵本好きな私。
見にいきたいな。と思っています。

<次回のブログ予告>
【大阪の難波というお笑いの町に行ってきた。】という話題です



        森窯HP
   http://toukaze.web.fc2.com/
      森窯の地図ページ
 http://toukaze.web.fc2.com/tizu.htm
     森窯の動画集<youtube>
http://www.youtube.com/user/kazetuma
    森窯のblog<このブログURL>
   http://toukaze.blog88.fc2.com/


 森窯定休日が不定期のため、工房へお越しの際は、
 事前にお電話下さい。電話・099-294-3202





先週は黎明館でやっていた
鹿児島女流美術展を見に行ってきました。
 この美術展は毎年やっている公募展だと思いますが
 何年ぶりか鑑賞となりました。

娘や母を誘ってみたけどふられまして一人で寂しく鑑賞

黎明館の一階と二階のスペースを使ってまして
かなり規模の大きな展示会でした。

ですから、作品数も多く、じっくりと鑑賞する時間があまりなかった私は
駆け足の鑑賞という申し訳ない見方となりました。

それでも、自分の好みの絵画はこれかなあれかな?と
楽しんでみることができました。

以前はたしか、陶芸やその他の工芸作品は
壁に掛けられるような、平面的なものでないとだめだったと思いますが
今は、それぞれの技巧にあわせて、立体でも オーケーになっていました。
いつからだろう?
 いつか、私も挑戦しようかしら?
今は陶芸の「と」のじもできませんが

見終わって、私の場合、どうも、
洋画より日本画に惹かれる傾向があるな、自分の嗜好を再確認しました。


気になるかtの野お名前と作品名をチェックしてきたので
後日記事に追記しようかな?と思っていますが
もしかして、名前とか勝手に書いちゃうとまずいですかね?

そして、おとといのの日曜日は
東光展に行ってきました。
その日が最終日でした。そして雨。

あっここで時間がなくなっちゃいました

続きはまた後日。すみません。

ーー鹿児島空港にてーー
間が数日空いてしまいましたが、
前回の続き<その3>です。

 今日は<木工>の原寛諮さんと
    <切子>の中根櫻龜さんの作品をご紹介
<画像がすべてクリックすると大きくなります>




  原寛諮さん  
原寛諮さんのパネル

作品はすべて、ガラス越しの展示でしたので写真の写りが悪く
申し訳ありません。
原寛諮さんの木工作品1
 屋久杉を使った希少な木工作品たち
原寛諮さんの木工作品2
 自然の木目が心を和ませてくれます。
原寛諮さんの木工作品3






  中根櫻龜さん  
中根櫻龜さんのパネル
中根櫻龜(なかねおうき)さん
 薩摩切子というとこの方!と言っても過言では無いと思います。

以下5行引用文http://www.satsumakiriko.co.jp/world/ex_2.html
SHIMADZU|伝統工芸品 薩摩切子|薩摩ガラス工芸
  中根は、薩摩切子復元25周年を迎えるにあたり
  、島津家32代当主 島津修久氏より2010年2月に
  雅号「櫻龜」を拝名し、新たに中根櫻龜としての
  製作活動を始めました。


中根櫻龜さんの切り子作品1
こちらもガラス越しの写真で
 その美しさが写真では伝わりにくく申し訳ありません。
中根櫻龜さんの切り子作品2

中根櫻龜さんの切り子作品2

中根櫻龜さんの切り子作品3

中根櫻龜さんの切り子作品4




<以上の写真はクリックして大きめ画像にしてご覧下さい>

今日は、以上のお二人をご紹介しました。
次回は、残り1名
当窯 工房主・森一規の作品をご紹介します。



日本工芸会 郷土作家展・参加作家名 
  <陶芸> 荒木秀樹 岩田鉄山 下拂豊志 竹之内彬裕
       別府威徳 森一規
  <染織> 林郁子
  <木工> 原寛諮
  <切子> 中根櫻龜



前回の続きです。

今回は、<陶芸>から竹之内彬裕さん、別府威徳さん
<染織>から林郁子さんの写真をご紹介
<画像がすべてクリックすると大きくなります>


 竹之内彬裕さん 

竹之内彬裕さんのパネル

「抜き絵」についての説明文
竹之内さんの作品説明文

角度を変えて以下三方向から撮影↓

竹之内さんの作品1

竹之内さんの作品2

竹之内さんの作品3





 別府威徳さん 
別府威徳さんのパネル

出水の長島町で
とてものどかで美しい風景の中
作陶していらっしゃいます。
別府威徳さんの作品1

別府さんのブログは→こちら


別府威徳さんの作品2

別府威徳さんの作品3





染色の
 林郁子さん 
林郁子さんの紹介パネル

林郁子さんの説明文

天然の草木染めから織られた反物の優しい色合いは
それはもう実際に見ていただきたい美しさです!
林郁子さんの作品1

林郁子さんの作品2

林郁子さんの作品3





<以上の写真はクリックして大きめ画像にしてご覧下さい>

今日は、以上のお三方をご紹介しました。
次回も、残り3名を順次ご紹介します。


参加作家名 
  <陶芸> 荒木秀樹 岩田鉄山 下拂豊志 竹之内彬裕
       別府威徳 森一規
  <染織> 林郁子
  <木工> 原寛諮
  <切子> 中根櫻龜

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。