森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大皿製作・その三

「大皿製作・その二」からの続きです。

 やっと絵を描くところまできました。
構図が決まってしまうと、後はひたすら作業です。
ここまで終わると、残るは乾燥です。
はじめ、陰で風に当てて乾燥します。次の日からは天日干しです。
完全に水分が抜けるまで乾かし、そして素焼き、本焼きとなります。
大皿製作過程7
(7) 陰干ししている絵を描き上げた皿

大皿製作過程8
(8) 天日干し風景

工房主日記からの転載はココまで。

この後、素焼き→釉薬かけ→本焼きとなります。
工房主いわく「無事に焼きあがるかどうかは神のみぞ知るです」

なお、この記事の書いてあったmixi日記では、
通常は工房主の趣味(虫、特にカミキリムシ専門)の日記を
書いています。
このように陶芸の事を書いているのは珍しいのです。
今回は本人の許可を得て、このように転載いたしました。


スポンサーサイト

大皿製作・その二

その一からの続きです。


大皿製作過程no.4
(4)半日ほど経って型からはずします。
そのままで更に半日ほど固めます。
仕上げに口を作るのですが、一周りか、二周りひもを積んで
口の形を整えます。

大皿制作過程no.5
(5)へらなどを使って口を整え、きちっとした形にします。
この皿の形は、ピカソがよく使っていた矩形を使用しています。
正方形でもFでもないという形です。

大皿制作過程no.6
(6)ヤマアジサイの模様を考えました。
構図を考え、何回か構成して下絵を作ります。
間の取り方が重要ですが、生の状態と焼いた状態の色彩が異なるために
なかなか思うにまかせません。
また、乾いてしまうと塗った色が禿げてしまうために、
これからは時間との勝負です。

  なかなか仕上がりませんね。


その三へ続く

大皿製作・その一

工房主自身の日記(mixi内で)から転載


陶芸用 土
(1) 約20キロの土をもんで、四角の塊にします。
これを作るのに一汗も二汗もかきます

陶芸 土 スライス
(2)上記の塊を厚めにスライスしてひろげ、
拾い板を作ります。今回作る角皿は50センチ角で、
それよりいくぶん広めにしカットします。
角は中膨らみです。この状態で一晩ねかし、
土のなじみと堅さを調整します。

陶芸制作過程 石膏型 
(3)あらかじめ作っておいた石膏型(カーブをつくるため)に伏せて
高台を作り、裏側の形はこのときに整えておきます。
このまま一晩くらいゆっくり乾かし、硬化するのを待ちます。
その二へ続く

追記・以上削除してしまった「大皿製作」の転載を先に載せましたが
この下の、頂いたコメントは
同じく削除してしまった「白熊」の記事についてのものですので
白熊(フルーツと粒あんのかき氷)写真を再掲載します。(_ _)ペコリ
しろくまシロクマ白熊

せっかく更新していたココ数日分のブログ記事を
先ほど、間違って削除してしまったようです。
と思ったら、他にも同じような方が、、、。
どうも、FC2側のトラブルのせいらしい。
でも記事が消えた事は、ショックです!

大皿の製作工程は、これから
転載を再度行います。

あー!何をしてるんだ!私!って。
さっきまで自分のミスかと思っちゃった



頂いたコメントは残っていましたので
そのときの記事を思い出して以下<↓>に掲載


昨年のブログに何を書いていたか
以前のブログをたどってみ時のこと。
こんな記事を書いていました。
  タイトル「つるつる頭」
写真は、三越展示会奥のコーナーで談話中の工房主・森一規。
頭は剃っています。地毛は天然パーマのくるくる髪で
まるで黒人さんみたいな髪なのですが、
てっぺんが薄くなってきたこともあり、
最近はこのように剃っています。
三越デパート 日本工芸会郷土作家展にて

年に一回あるかないかのネクタイ姿。
ネクタイの結び方を、朝ネットで再確認しての姿です。

なんか、威張って写っているような?
そういえば、朝、娘には
「サラ金取立ての、ちょっと上の親分って感じだ」と言われていた。


↑こんな記事書いていました。
今も頭はこんな感じです。

感動のお話

NTT西日本のコミュニケーション大賞という催しで
今回、ブロードバンド部門/グランプリ受賞の
渡せなかったカメラちょっとウルウルの感動ものでした。

毎月の電話料金明細と一緒に送られてくる
小さなお知らせプリントの中に載っていました。
いつもなら、読まずにポイッと捨てるのに、
今回はなぜかペラッと開けて読んだ。

ネットにまつわる嫌な話も多い中、
こんないい話もあるのだなあ!とちょっと感動しました。
短文ですので、読んでみてください。
「渡せなかったカメラ」
http://www.ntt-west.co.jp/com-tai/about/04/work/4_wkbb_01.html

娘の所持品ゲーム機wiiで作った、工房主の似顔絵
というか、イラスト。
結構似ていて、笑っちゃいます。
wiiで作ったイラスト


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。