森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、アダルト関係のいたずらなコメントが
よく来るようになりました。

気がついたら、消すようにしていますが
読みに来て下さった方
不快な思いをされていたらどうしよう?!と思ったりします。

完全無視して下さいね。どうかよろしく!(_ _)ペコリ
スポンサーサイト

食の話題三つ

島みかん(桜島小みかん)を先日たくさん(段ボール一箱)いただきました。
下さった方はご近所の方。
桜島に親戚がいるとの事で、
たくさん穫ってきたからと、お裾分け。
それにしても大量でした。

桜島の降灰のせいで、すこし表面に傷もあったりしましたが
味はなかなか。最近はめったに食べる機会がなかったので、懐かしい味。

工房に来られたお客さんへもだいぶ差し上げたのに、まだまだありまして
「よ~し、しなびちゃう前に、ジャムにしちゃおう!」
と思い立った。

灰かぶりを洗って、皮をむいて、、、、
この後が、実は大変でした。中の種を取り除く事が、フ~!
小さなくせに、いっちょまえに(←鹿児島弁?一人前に、の意)種がいくつも入っているのです。

私一人でやっていたら、途中工房主も出先から帰ってきて
参戦。手伝ってくれました。
桜島小みかん 島みかん ジャム作り

数えてはいませんが、200個以上はあったと思います。

ミキサーでグジャグジャにして、ザラメを入れて、ストーブの上で
煮詰めました。
美味しく、たくさんできました。
ヨーグルトに入れたり、パンにのせて食べています。

焼き芋は、巻きストーブで、こんな感じで、焼いています。
薪ストーブで焼き芋。

同じ要領で、里芋を焼いたら、おいしかった。

近所にクレソンの群生地発見。
喜んでいたら、工房主いわく
「今日行ったら、もうすっかり荒らされていて、穫れなかった」
がっかり。

それならと、昨年まで通って穫ってきていた所へ
私一人で行ってきました。車で15分。雨靴は必需品です。
今年もクレソン、食べ放題!です。
天然クレソン 


マヨネーズ醤油を付けて、いっぱい食べました。美味しかった!
親戚にも配って、大好評!

大きな作品

秋の三越での合同展示会に備えてということなのか?
工房主、最近大きな作品も製作始めました。
一辺が40センチ以上でしょうか?まずは土台作り。
蓋付きの箱もの(陶箱)だと思います。
陶箱 大作


サンプルの土がいろいろ。焼く前のもの。
ものになる土が、この中にあるのでしょうか?
焼くまでわからないあってほしいですが?
採取してきた土 焼く前 サンプル


工房主はコーヒーが好きです。
が、ここ数日飲んでいません。なぜか?
はいそれは、自家焙煎の豆が切れているからでした。

焙煎は工房主自身がやります。
私も、やり方を教えてもらい、煎った事が3回ほどありますが
うまくできませんでした。(焼きむらが出るのです。)

工房主ようやく空き時間をみつけて
「今日は豆を煎るぞー!」とやりはじめました。

200グラムほどの生豆を網に入れ、約八分ほど
↓この動画は、終わり間際の30秒ほどを撮影。

火加減を見ながら、網を常にゆさぶって、
火から離したり近づけたり、結構難しいのです。
なれないと、手首を痛めそう!

この日、工房主はこれを4回繰り返し、計800グラムほど煎りました。

本当は、煎ってから、二三日経ってからがおいしいのです。
この日はさっそく飲んだらしい。
ちょっと嬉しそうに
「あのね!イエメンのコーヒーはね!おいしいよ!」
と、新しい生豆との出会いに喜んでいました。


内祝い用のご注文

ただ今、お祝い事のお返しに(内祝い)と
ご注文を受け、製作中です。工房主が絵付け中。↓
陶器 絵付け 鹿児島市 陶工房風 窯元 記念品

2個組を数十組ですが、
これまでの経験からして
追加注文がくる事が多いですし、損じ品もある事を考慮し
多めに作ります。
今回も追加注文となりました。
おっと、多めに作っていたけど、足りないぞ!

という事で、急遽、追加制作。
内祝い用 湯のみセット 制作 追加

お天気が心配ですが(乾かさねばなりませんから)。

私がお手伝いした事。テストピース作り。
テストピース 陶芸 試験 陶土

新しい陶器作りのテストとして、工房主に頼まれたのが、
陶土を薄くして、一辺が5センチくらいの四角い形にして
何十枚も用意。これを数種類の土で。
一つの土で何十とか百とか、微妙に調合を変えた色合いチェック、
釉薬チェックをするためです。

 これだ!という物が見つかるまで、研究?は続くのでした。


2007年12月31日のブログ
http://toukaze.blog88.fc2.com/blog-entry-118.html に
工房主のろくろ製作中の動画があります。

まだ見ていない方はご覧くださいね


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。