森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工房の中で作業中、ラジオの音を消すと、
周りの林から小鳥のさえずりがよく聞こえてきます。

外に出てみると、最近はうぐいすがよく鳴いている。
20秒ほど、聞いてみませんか。↓

スポンサーサイト
ちょっと湿った土らしきものが↓
陶芸原料 木灰 釉薬

陶土かと思っていたら、違いました。
木灰から作った釉薬の原料。
これをよく"かくはん"して、本焼き前に器にかけて焼くというわけです。

陶器の原料屋さんでも、売ってはいますが
やはり自分で作った物が一番しっくりいく。
今年は、この工房の薪ストーブから取れた灰や
どこかの農家から購入した木灰で、作りました。

先日(16日)動画でお見せした6角鉢、近くで見ると
こんなかんじです。↓
六角鉢 ろくろ成形後 陶芸


かわいいお花が。

白雪げし 開花 陶芸工房
陶工房風」工房玄関前にシラユキゲシが、今年も咲き始めています。
かわいい!白くて上品な感じがします。
その一つをアップで。
しらゆきげし アップ写真 携帯電話接写モード

アップで見ると、別の花のような?かんじ。

そして、さくら草も咲き始めました。
さくら草 

これもまた、かわいい!アップで見ますと↓
さくら草 

花たちが「春だ!春だ!」と喜んで、ワイワイと
おしゃべりしているかのよう。

先月から今月にかけて
たくさんのテストピースを作りました。
一辺が5センチほどの、まるでビスケットのような形を、
数種類の土で何百枚も、↓こんな感じで。
陶芸 テストピース作り


これを素焼きして、下のようになります。
(食いしん坊の私は、これがビスケットなら良いのにね!なんて思いつつ)
テストピース数種類 陶芸実験


ダーッと並んだテスト用に調合した釉薬を
 釉薬テスト 陶芸

乳鉢で念入りにすりつぶし、水を加えてどろどろ状にして
ビスケットに(いやテストピースに)塗っていきます。
テストピース作り 陶芸 実験


工房主いわく「3人でやれば半日で終わるよ」
のはずが、一日かかって、まだ終わらなかったんです。
何せテストピースの量が半端じゃなかった。
「ふ~!」とため息まじりの作業でした。

これを本焼きして、仕上がり具合を見る訳です。
ノートにデータを書いている。
データノート 実験 陶芸


気に入った焼き上がりのものは?あったかな。


この写真は、窯たき終了後、何時間か過ぎ、
窯のふたを開けて、焼き上がりの状態を見ているところ。
あじさいを描いたマグカップ。
マグカップ 陶工房風 森一規窯 鹿児島市 陶芸家



器がまだ熱々なので、このように器具を使って
私のいる所まで持ってきて「こんなになったよ」と見せてくれました。

過去に、窯出ししてすぐのうつわを、
うっかり素手でさわろうとして、やけどしそうになった事
何度かあります。うっかりものの私です。
ロクロで六角の鉢を作っているところ。

約5分の映像。5分ほどで六角鉢を作っちゃうんだなあ!
なんて感心していたら、
本人は「5分もかかっていたのか?」と不満そうな。

テレビなどでは、ロクロのシーンばかりが、よく放映されますが
成形した後の行程がまた長いのです。
乾燥、絵付け、色つけ、素焼き、釉薬かけ、本焼き、etc.

さて、この六角鉢もこの後どうなるのでしょう。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。