森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<追記>食べきれないので、親族にもあげたなら、「煮すぎ」と言われました。「白身部分が柔らかすぎ」と。
なので、お料理失敗例です。


鹿児島中央駅の近くに市場が有ります。
そこにスーパーのような所があって、その中にあるお肉屋さんで
ブタの顔の肉を買ってきました。

口肉(間違えました)口皮(クチガー)と言うそうです。
クチガァ↑と語尾を上げて発音。
ブタの耳はご存じの方が多いでしょう!ミミガァと言いますよね。

予約注文もせずに行ったので、冷凍庫から丸ごと出されました。
骨の部分は取り除いてあり、肉のかたまりという感じ、けっこう重い。
自宅で計ったら3.2キログラムありました。

解凍してから見てみると、わー!!
ちょっとお顔が生々しいといいますか!!これを私がさばくのかあ!!
といった感じ。

ブタの顔肉なんて見たくないわ!と言う方は、
続きは見ないようにして下さいね。
その写真は後ほど。

と、数枚の写真を載せるつもりでいましたが、
少しだけにすることにしました。


スポンサーサイト

続きを読む »

これも去年の写真です
12月中旬の晴れた日に、素焼き前の酒器を白化粧して
干しているところ。
陶芸 乾燥天日干し
ちょっと雲で日が陰ってきたから、引っ込めなきゃ!というとき
その前に一枚!とおもって撮りました。

数日後の完成品です。
我が家でも使っています。先日はこれで濁り酒というものを
初めて飲みました。美味しかった!
酒の器 酒器 杯 おちょこ


PCとにらめっこ

工房主、最近パソコンに向かったときは
何をやっているかというと
英文と格闘中の森一規
英文とにらめっこ!
きっと(昆虫関係/カミキリムシ)の英文なんだと思います。
工房主はカミキリムシの専門家みたいですから。

陶芸家じゃないのかって?はい、本業は陶芸家です。

今回も去年撮っていた写真から1枚。
昨年、工房主が干し柿を作っていると日記で書いたことがありましたが、
出来上がりの写真がこれです。

こんなに大きな干し柿ができました。
一個でけっこうお腹いっぱいになります。美味しかったです!手作りの干し柿 特大
渋柿が、干すとこんない甘く美味しくなるって、不思議なものですね。

娘に教えてもらったニコニコ動画というサイトの動画です。

確か昨夜テレビでも、面白い動画って事で紹介されていたみたいです。
結構長い15分くらい。
地理音痴の人たちが日本地図を作るとこうなるのでしょう!!
(妙に納得して笑えます
お時間或る方、見て笑って下さい。<横流れ文字がうるさい人は右下の小鳥マークをクリックで消えますよ。>


わたくしごとですが
来月公演の「スーパーモンキー西遊記」公演が中止となり
東京まで見に行くつもりだった私は、がっくり元気が無かったけれど、
これを見て笑わせてもらいました。
ありがとう。動画制作者さん。

はぁ!でも中川晃教さんの孫悟空役、見たかったです!
「 工芸のいま 伝統と創造 」
- 九州・沖縄の作家たち - >
ちらしの画像↓はクリックで大きくみることができます

平成21年1月1日(木・祝)~3月15日(日)まで
当窯元工房主・森一規の作品も展示されています。

九州国立博物館で開催中


<紹介文の一部転記>
この展覧会では、陶芸、染織、木竹工、人形、漆芸、金工、諸工芸という分野から、7人の人間国宝を含む137人の作家による作品が集いました
ーーーーーーーー

お近くの方、良かったら見に行って下さいね。有料ですけれど

詳しくは九州国立博物館サイトをご覧下さい。

<ちらしの内側面>↓
工芸のいま 伝統と創造 ちらし2

工芸のいま 伝統と創造 ちらし1



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。