森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前のブログに登場の「春」文字入り鉢(直径20cmほど)。
その素焼き後の状態↓に、    
070310suyakiato.jpg写真にある刷毛は、ざらついた部分にサンドペーパーをかけた後、残った細かい粉を払い落とすために使います。
(釉薬)をかけて→070313uwagusurikake.jpg
、次はようやく本焼へ。
釉薬をかけると(右写真)真っ白になって、文字が消えていますが、
焼くと釉薬は解けて透明(ガラス状)になり、文字もちゃんと見えるのです。

今回、素焼き前の天日乾燥の際、
鳥の糞か何かで汚れてしまった
鉢一枚(ボツになったもの)で私は遊んでみました


よごれ部分を隠すために、文字でなく、絵を描こうとしましたが
上手く描けず(鉛筆で下絵を描くも
「えーい、こうなりゃ丸・三角・四角にしちゃおう!」とこのようにカンナで
ガシガシガシッと大胆に削りました。そして素焼きした後が
これ↓。                          
070313sumahati.jpg
横から見たらこんな感じ→070313sumahati2.jpg

 このまま本焼きしたのでは、「サマにならんかも」ということで
色付けを工房主がしてくれた。その写真はまた後日。
人気blogランキング
にほんブログ村 美術ブログへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toukaze.blog88.fc2.com/tb.php/14-12db1bf0


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。