森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の花って、どれもかわいいと思いませんか?
この苦瓜(ゴーヤ)の花も黄色くて可愛いです。
苦瓜の花 ゴーヤの花

当初は、今年はにがうりを植えて育てるかどうか、迷っていた工房主でしたが
去年のこぼれ種から、何本か苗が育ち、それならということで
ちゃんと植え直したらこの通り
にがうり棚 太ったゴーヤ
肥料もやったらしいので、
今ばんばん収穫できています。
毎日食べなくては!という感じ。

表面が黄色くなってしまった苦瓜。どうしていますか?
種の部分が赤くなった苦瓜、それでも腐っているわけでなく
食べられるって知っていました?

ちょっと、きつい写真かも?ですが
中が赤く熟したにがうり 熟したゴーヤ

右のように表面が黄色いゴーヤは、中もこのように赤くなっていることが有りますね。
以前は、私も気味が悪くて、食べられない!と思っていました。
でも、これは、熟しているだけ。

昔は、島の子供達は、この赤い物をおやつとして食べていたという話を聞いたのです。
そこで、ちょっと赤い部分をなめてみると
ちょっぴり甘いのです。へ~え!!知らなかった、とちょっとびっくり。(去年の話)

ただし、苦みが消えるのはいいとして、しゃきしゃき感まで消えてしまうので
これは残念。
体には良さそうなので、工房主が食べ残したゴーヤを
わたくし、ぜんぶ頂きました。
元気が出そうだぞ!なんて。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toukaze.blog88.fc2.com/tb.php/190-4f3b0dd5


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。