森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釉がけの工程

本焼き前日の
釉がけ(釉薬かけ)の様子を写真に撮ってみました。

工房主ではなく、私(ブログ筆者)が作業をやっているところなので、
片手にカメラ、片手に器を持って作業するといった具合です。

私が薬がけ出来るのは、このように
とても小さな器(箸置き兼ミニミニ小皿)だけなのです。

素焼き後に、絵の部分に少し色づけ作業してある
箸置きを
上薬をかける前

ピンセットでつまんで、
(小さいのでピンセットでやりました)
よ~く混ぜてあるドロドロ(とろとろ?)状の上薬に浸けます。
釉薬をかける直前 陶芸の行程
サッと浸けて
釉薬の中に浸けた瞬間 陶芸の工程


全部浸けたら、わりとすぐに取り出す
釉薬に浸けてすぐに取り出す

ピンクの絵柄が見えるものが浸ける前の状態・白っぽくなったのがが浸けた後
釉薬をかける前と後 陶芸

底部分についた上薬をスポンジで拭き取って、
後は窯に詰めるのみ。

焼き上がりはこんな感じかな?(以前作っていた物)
ツワブキ模様 (ピンぼけで、すみません。片手撮りなので
焼きあがり見本 陶芸

他の2種類の絵柄もこんな感じで
釉薬をかける前と後 他の絵柄も
↑左は、ドクダミ模様。右はアザミ模様。

焼き上がりは、さてどうなりますか?
後日写真撮ったら載せましょう。


"にほんブログ村 美術ブログ 陶芸部門へ" ↓
     にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
     にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toukaze.blog88.fc2.com/tb.php/339-538c68e2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。