森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、ブログ中の写真についてお問い合わせを頂きました。
 「写真に写っているーーーのカップはありますか?」というような内容でした。

わざわざお電話くださり感謝申し上げます。

なんとかその画像を探し出し、工房主に電話でどんなカップかを伝えた。

工房は山の中にあるために
ネット環境が整わず、未だにインターネットは自宅でのみ使用しています。
(いずれはモバイル環境下でネットを使用できるようにしたいです)

電話で察しが付いた工房主
「ああ、わかった。それならある。」などと言い
お問い合わせ主様に返事をしたようだ。

だったのですが!
この時点で実際の画像を見ていない工房主。

自宅に帰ってきた工房主に、私がその画像を見せると、
「ん?あれ、、違う!」
というではありませんか。

お問い合わせのあったカップは、試作品のような作品で
今は自宅にて使用中の物でした。

工房主が最初に「これだろう!」と勘違いした作品はこちら
  これだと二個だけあります。
青白磁マグカップ二個
↑画像のように二個の大きさが若干違います。

↓手にとってみるとこのような感じ
手持ちカップ

青白磁の器は制作が難しく、特にこのように筋文様を入れた物は
うまく釉薬が筋山の所に乗らなかったりして失敗も多いようです。
かといって
釉薬の濃いものを掛けても味わいの無いものに仕上がってしまう。難しいものです、陶芸の道。

お問い合わせ様には、後ほどお電話で上記の点をお伝えしなくては。



たった今撮ってきた工房展示室の写真たちをずらーっとupしておきましょう。

急須(ポット)↓
急須ポット
その反対側↓
ポット裏側

印花文小鉢↓
小鉢 印花文

青白磁小鉢↓青さは少し薄目な感じです。
青白磁小鉢
手に取ってみると大きさがわかるかな。
青白磁小鉢手持ち

青白磁ぐい飲み
青白磁ぐい飲み2個
手に取ってみる↓
青白磁ぐい飲み手に持って
内側↓釉薬だまりの青さが綺麗。^^v
青白磁ぐい飲み 中を覗くと

光にかざすと透けるのです!↓(この透け加減が工房主のお気に入り!)
青白磁ぐい飲み 光にかざす1
この写真でも透けて見えるかな?↓
青白磁ぐい飲み  光が透けて見える




森窯HP
http://toukaze.web.fc2.com/
森窯の地図ページ
http://toukaze.web.fc2.com/tizu.htm
森窯の動画集<youtube>
http://www.youtube.com/user/kazetuma
森窯のblog<このブログURL>
http://toukaze.blog88.fc2.com/



 森窯定休日が不定期のため、工房へお越しの際は、
 事前にお電話下さい。電話・099-294-4338




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toukaze.blog88.fc2.com/tb.php/706-1b45dde7


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。