森窯

森窯HPこちら
 地図(map)こちら

blog担当者: kazetuma

陶芸家・森一規(もりかずき・このblogでは"工房主"と呼んでおります)が主宰する
窯元『森窯』です。

## ご質問やメッセージ
こちらメールフォーム
又は
各日記のコメント欄
遠慮無くどうぞ !

(すぐに返答出来ない場合がありますので、お急ぎの方は
電話&fax 099-294-4338 まで )


↓ リンク先 いろいろ ↓


ブログ内検索


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSS


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大皿製作・その三

「大皿製作・その二」からの続きです。

 やっと絵を描くところまできました。
構図が決まってしまうと、後はひたすら作業です。
ここまで終わると、残るは乾燥です。
はじめ、陰で風に当てて乾燥します。次の日からは天日干しです。
完全に水分が抜けるまで乾かし、そして素焼き、本焼きとなります。
大皿製作過程7
(7) 陰干ししている絵を描き上げた皿

大皿製作過程8
(8) 天日干し風景

工房主日記からの転載はココまで。

この後、素焼き→釉薬かけ→本焼きとなります。
工房主いわく「無事に焼きあがるかどうかは神のみぞ知るです」

なお、この記事の書いてあったmixi日記では、
通常は工房主の趣味(虫、特にカミキリムシ専門)の日記を
書いています。
このように陶芸の事を書いているのは珍しいのです。
今回は本人の許可を得て、このように転載いたしました。


関連記事

コメント

ご主人、一生懸命ですね。
こんな時はいつも、そっと遠くから見守っていらっしゃるのでしょう。
kazetumaさんの気遣いも大変ですね。

(アメリカfc2のトラブルでこちらコメントの元となるブログ自体が消えてしまいましたので、このコメントも少し変更いたしました。)↓
工房主は、ただ今展示会が近いので、作品作りに集中しています。
こういうときの集中力はかなりのもの。
普段のんびりした工房での様子とは、ちょっと違います。v-410
こちらから声をかけるタイミングも上手く計らねば
ならなくなります。が、
それが何年経っても上手く計算できない私なのです。v-292

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先コメントのN様へ

お知らせありがとうございます。
ジュンク堂本屋さんに行ってみますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toukaze.blog88.fc2.com/tb.php/86-4cce2c0a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。